1次 財務分析


1次試験のうち、最も計算が簡単なのが、財務分析です。


計算が簡単な分、覚えなくてはいけない量は増えてしまいがちですが、簿記をやっている人は、BSやPLなどの見方がわかっているため、理解も進みやすいはずです。


1次試験のどの科目にも既存知識がない人や、数式が嫌いで証券分析に苦手意識を感じる人などは、まずはこの科目から取り組むと、試験全体で見た効率が上がりやすいです。

スポンサーリンク

1次 財務分析 重要な範囲

財務分析は、財務会計総論、資産会計、負債会計、純資産会計、損益会計、企業結合会計、財務諸表分析、株式価値評価から構成されます。


ごちゃごちゃしてますが、BS(貸借対照表)関係が資産、負債、純資産の3つ、PL(損益計算書)関係が、損益で、あとは言葉のとおりです。


この中で重要な範囲は、次の2つです。


・財務諸表分析
・株式価値評価


1次 財務分析 対策講義

重要な範囲の2つは、証券分析でも同じ内容があり非常に重要ですが、やっていることは簡単です。


財務諸表分析では、BSやPL上のこの数字とこの数字を割ることで、こういう指標になり、こういった意味があるというのを延々覚えるだけです。(数式の意味も、読めばなんとなくわかるものばかりです。)
指標の定義と意味を覚えてしまえば、あとは数字を拾って計算するだけで答えが出るので、得点がもっとも上がりやすい部分です。また、個人で行う株式投資や、実際のアナリスト業務でも役に立つので、多くの人が興味を持ちやすい分野でもあります。


株式価値評価では、配当割引モデルやDCF法などがでてきますが、これは、将来得られる金銭を出して、それらの現在価値を求めて、足してあげるだけという単純な話です。証券分析の考え方に通じる部分が多いので、既存知識がない人は、証券分析の導入としても先に勉強すべきです。


どちらも、たとえ内容がわからなくても、用語と単純な公式を覚えればそれで終わりです。また、ここで覚えたことは、証券分析の得点にもつながりやすいので、重点的に取り組みましょう。また、数式の意味が理解できるようになれば、証券分析の理解もすすみやすくなります。


なお、財務分析では、重要な範囲以外の論点も、すべて覚えるだけで対応可能です。努力できる人にはサービス科目です。逆に言えば、この科目を落とす人は、、ということにもなります。


1次 財務分析 書籍や勉強方法

この科目も、証券分析と同じく、次のTACの2冊が必要十分です。

証券アナリスト1次対策総まとめテキスト 財務分析
証券アナリスト1次試験過去問題集 財務分析


ここでも、証券アナリスト協会の推薦テキストは買ってはいけません。買ったところで、証券分析と違い、本当に使い道がありません。(他の会計・税務系の専門資格の勉強に使える程度です。)


さて、勉強方法ですが、業務をやっている人でも、ROEの分解やインタレストカバレッジレシオと言われてすぐに数式が浮かぶような人は少ないと思います。


そのため、まずは、総まとめテキストで、財務諸表分析、株式価値評価を読み込み、覚えるものは多少多いですが指標や数式を覚えてしまいましょう。(覚えれば終わりなので、さっさと覚えることが重要です。)特に、ROEの分解(デュポンシステム)とROAの分解は、隔回で出題され得点も高くなっています。そのため、これらは確実に重点的に対応します。式の意味が理解できるのが望ましいですが、わからなくても数式を覚えておけば大丈夫です。


そのうえで、記憶の確認として、TACの過去問のうち、重要な範囲の問題をすべて3回解きましょう。問題文と資料が多いため分量が一見多く見えますが、実は数式を覚えているだけで解ける問題がほとんどなので、あまり時間はかかりません。(ここまでの目安は2週間です。)


なお、財務分析を勉強するに当たり、BSとPLにどのようなことが書かれているかが全くわからない状態だと非常に効率が悪いです。そのため、簿記などの既存知識が全くない場合には、得点UPをかねて、資産・負債・純資産・損益の4つを先にさらっと読むことをおすすめします。


さて、この状態で1年分の過去問を実施します。おそらく、後ろの方の得点が高く、前半がボロボロになり、4割くらいの得点になると思います。


ここから得点を伸ばすのですが、実は財務諸表分析を重点的に勉強していると、BSやPLのどこに何があるのかは自然と頭に入ってきているはずです。(何度も繰り返し見るはめになりますから。)


そうなったうえで、資産・負債・純資産・損益の4つを読むと、あーそれね、という具合に理解がすすみやすいので、その4つで得点を補っていきましょう。必ず、総まとめテキストの「過去の出題一覧および重要度」で、「◎もしくはA」になっている部分から取り組むようにし、テーマごとに、テキスト1読→過去問3回を繰り返しましょう。この時点で期待値6割は超えています。(必ずここまでは試験までに終わらせましょう。)


そのうえで、試験直前に、読み物的な総論などを対応しておけば十分です。
なお、企業結合会計は、好きな人は興味を持って取り組みやすい分野なので、読んでみておもしろそうならやってみてください。得点がなくても、まるで問題はありません。


TACの書籍のうち、7割くらいの範囲についてテキストと過去問ができていれば大丈夫です。
もちろん、時間に余裕があれば、残りの部分についてテキスト1読→過去問3回を繰り返し、リスクを減らしに行きましょう。



スポンサーリンク