証券アナリストとは


このホームページで扱う証券アナリストとは、日本証券アナリスト協会が認定するCMA資格のことです。
金融機関で「証券アナリスト」というと、通常はこのことを指します。(仕事の内容として「証券アナリスト業務」などと表現することはあまりありませんが、業務イメージは証券や市場分析全般です。)


ところで、資格には、弁護士など、法律によって一定の地位や権限を認められている資格(≒国家資格)もありますが、CMAはそういった類のものではありません。民間資格です。


悪い言い方をすれば、日本証券アナリスト協会という民間の団体が勝手に認定しているだけの資格です。つまり、CMAを登録しなくても、証券アナリストとして仕事はできますし、アナリストを名乗ることもできます。要は、CMAに登録していなくても、全く業務に支障はないわけです。


では、CMA登録の意味はなんなのでしょうか?

スポンサーリンク

それは、証券分析や企業分析、経済についてそこそこ知識があるということを示せることです。
金融業における簿記検定みたいなものだとイメージしてください。


とはいえ、日本の金融機関では、証券アナリストを重視している会社は多いです。これは、証券以外の銀行、生損保でも同様です。実際、某大手生保では資産運用部門若手社員の昇進要件に使われていますし、某大手銀行では、入社後3年での取得が推奨され、人事異動に考慮されています。
(日系大手の横並び評価では、資格という客観性のあるモノサシは評価に使いやすいためとも言えます)


私の会社でも、最初地方の支社・支店に配属となった若手のうち、資産運用希望をして本社にもどってくる社員は、忙しい中3年以内に証券アナリストを取得した人しかいません。(資産運用の希望者はなぜか多いので、努力して実際に結果を見せる人が優先されるというのは当然かもしれません。)


結論としては、証券アナリストの価値は、日本の金融機関において、学生や若手職員が持っていれば「がんばってるな」と思われやすい。ある程度の年次の場合、資産運用業務で持っていなければ「大丈夫か?」と思われることもある、という程度だと覚えておいてください。


そのうえで、実際に試験に合格する若手や学生はあまり多くないので、社内での評価を上げたい若手社員や、就職活動を有利に進めたい学生にとっては、試験も簡単なので結構おいしいよということも覚えておきましょう。

試験制度と取得スケジュール

スポンサーリンク