CFA:取得後のステップアップ


日本証券アナリスト協会が実施している証券アナリストは、若手や学生が取得していると、日本の金融機関からの評価は非常に高いということは、何度か述べました。


ただし、これは、金融や資産運用における専門性があるという意味ではありません。どちらかと言えば、基本的な教養があるという程度の評価です。


そのため、年次・年齢によっては、取得しても社内での一定の地位や評価の保全にはなるものの、転職やさらなる昇進などを通じた年収アップ等に活かすことはできないわけです。(もちろん、金融機関によりますが、少なくとも大手ではそうです。)


そこで、ここでは、証券アナリスト取得後のステップアップとして、持っていれば外資系金融機関でも評価されるような資格を紹介します。

スポンサーリンク

証券アナリスト取得後のステップアップ

資産運用において、証券アナリスト後ステップアップとしてよく受験される試験は、CFAです。


CFAとは、Chartered Financial Analyst(CFA協会認定証券アナリストで米国証券アナリストと言ったりします。)のことです。イメージとしては、これまで勉強法を紹介してきた証券アナリスト(CMA)が日本のみの資格で、CFAは証券アナリストの世界版です。CMAと違い、CFAはこれだけで十分食っていける資格だと思ってください。


日本の資産運用関係者でも取得者はかなり少数(日本全体で1,000人程度)であり、転職でも昇進でも非常に有利な資格です。(資産運用関係に従事している人以外で知っている人はほとんどいません。受験者が少ないだけという話もあります。合格率も、実は高めです。)


このCFAは、Level1~3の3つ試験を合格し、実務経験が4年あれば登録することができます。
基本的に1年に1Levelしか受験できないため、合格までに3年間はかかってしまいます。


試験はすべて英語で行われるため、(といっても、Level1と2はマークシートですが)高い語学力の証明にも使うことができるわけです。


取得者にヒアリングすると、大体どの人も、知識的には日本の証券アナリストでLevel2程度はカバーできているとコメントしているので、Level3の表現方法など語学力の方がハードルになりやすいようです。


受験自体は日本でできるので、ぜひこれを機に、チャレンジしてみてはどうでしょうか。 


ちなみに、日本証券アナリスト協会でもCIIAという国際資格が推奨されていますが、あまり評価は高くなく、取得する価値があるかには疑問があるので、やめておきましょう。世間的にも、グローバルな資産運用関係の資格といえばCFAです。


なお、日本の予備校ではTACが講座を行っています。
あまり情報がない試験なので、資料請求するだけでも試験の概要や日程、難易度などをざっくり把握することができます。(資料請求は無料です。)

また、CFAを受けたい際には、合格者が少なく、合格者のほとんどが現役でバリバリ働いていることもあり、テキストの解説や学習の道筋を教えてくれる人がほとんどいないため、予備校活用は検討したほうが良いかもしれません。


スポンサーリンク