CFA以外のステップアップ


ここでは、証券アナリスト取得後の、CFA以外のステップアップを紹介します。

スポンサーリンク

CFA以外のステップアップ

正直なところ、仕事ができる人は、資格など必要ありません。パフォーマンスを残せるトレーダーやファンドマネージャー、評価が高い成果物を出せるアナリストなどは、自然と業界で名前も知れ渡っています。


とはいえ、そのレベルまでいけるのは極少数なので、(そもそも業務に参加すること自体にハードルがある場合も多いですし)、アピール方法の一つとして資格などが必要になってくるわけです。


さて、CFA以外にも、世間からの評価が高い資格というのはいくつも存在しています。このホームページは資格の勉強法なので、資格に限って紹介したいと思います。


たとえば、CFAよりも、より専門分野を絞ったFRMCAIAです。この2つも業界での評価は高いです。FRMはリスクマネジメント、CAIAはオルタナティブに絞ったCFAとイメージしておけばだいたい間違っていません。どちらも、日本ではほとんど取得者はいません。専門分野になるためか、知名度のためか、CFAに流れやすい傾向があるからかもしれませんが、日系でも外資でも金融機関において重要度が増している分野であり、日系・外資に限らず評価は高いです。なお、FRMは1段階、CFAはLevel1~2の2段階なので、知識は深彫りするものの、CFAよりも時間的な負担はかなり小さく済みます。


他には、海外MBA(経営大学院:大学により評価は異なります)やUSCPA(米国公認会計士:日本で受験可能になりました)なども評価は高いです。知識面よりは、交友関係や語学力の意味合いが少し強いですが。


また、日本の資格では公認会計士不動産鑑定士などは、試験合格しておけばアナリストや不動産のファンド業務では重宝されます。(どちらも、実際に有資格者として登録することは、実務経験や研修が必要なので難しいと思います。なお、弁護士はロースクールを使ってまで取得できるような企業はほぼありません。)加えて、保険やアセットマネジメント会社(主に年金向け)、金融機関向けに商品開発する外資証券など、日系・外資問わず、(日本の)アクチュアリー(2次合格)の評価は総じて高いです。また、ホール向けの業務においては中小企業診断士も受験者は多く評価が高いです。


なお、上記の資格は難易度がかなり高いですが、そこまで難易度が高いものに絞らなくても、たとえばAFPやCFPを取得し、リテール向けの知識の証明をすれば、社内での評価は高くなりやすいですし(CFPは銀行・証券・保険どこでも総じて評価が高いです。特に、日本の金融機関はジェネラリストが好まれる傾向は強いため。)、また、若手であれば、簿記銀行業務検定などを取得し、はば広い一般教養を示すのも有効なアピールのひとつです。また、TOEICなど語学系の試験のスコア向上も、今後はより重要になってくるでしょう。

資格が気になる人は、TACなどの予備校から資料請求すれば、難易度や範囲などの概要を簡単に把握できます。(手始めにざっくり知るだけなら、本を買ったりするより早いし楽です。)

個人的には、資格に専念しすぎるのではなく、仕事のパフォーマンスを上げる努力をするほうが価値があるとは思います。CMAで基礎的な評価は獲得できているので、たとえば、統計処理やモデルの作成ができるよう知識を身につけ、乱数発生やモンテカルロ・シミュレーションが組める程度にVBAやMATLABなどのスキルを習得したり、金融サラリーマン向けおすすめ本に書かれている書籍などから分野を絞った専門知識を身につける方が、将来通用する専門分野が増え、応用可能な業務の幅が広がり、加えて業務効率も向上しパフォーマンスも上がるので、トータルで見た価値は高いとも思います。

スポンサーリンク